県新人戦女子ハンドボール競技 3位でした!

11月21日(土)、22日(日)に開催された、長崎県新人体育大会ハンドボール競技(女子)で、本校のハンドボール部は準決勝で佐世保商業高校に敗れ3位となりました。

これからだんだん寒くなり、屋外で練習するハンドボール部の部員たちにとって厳しい季節となりますが、来春の活躍に向けて日々の練習を大切にしながら頑張っていきます。

春高バレー県予選 3位でした!

11月20日(金)~23日(月)バレーボールの第73回全日本高校選手権大会(春高)県予選が行われ、本校女子バレーボール部は、3位となりました。

今年は、これまでの努力の集大成を発揮したいと、3年生8名が全員残り、今大会にかけました。一試合一試合に全力を尽くし「もう思い残すことはありません」と感想を述べていました。

おめでとう! そしてお疲れ様でした!

スペシャルオリンピックス日本・長崎の活動に参加しました

11月22日(日)2年生6名(陸上部)が「スペシャルオリンピックス日本・長崎 佐世保支部」の活動にボランティアとして参加させていただきました。

「スペシャルオリンピックス」とは、知的障がいのある人たちがスポーツをすることで健康的に生活し、積極的に社会参加をすることを目指す国際的スポーツ団体で、知的障がいのある人(以下、アスリート)が、日頃からボランティア・コーチと一緒にスポーツを楽しんでいます。

当日は相浦の陸上競技場周辺で、アスリート21名が長距離・短距離・ジュニアの3グループに分かれて活動しましたが、そのお手伝いを、本校のボランティアスタッフがさせていただきました。ありがとうございました。

ジュニアの活動のお手伝い

短距離グループのお手伝い(ペースメーカー)

長距離グループのお手伝い(ペースメーカー)

 

 

 

吹奏楽部が高齢者施設で演奏しました

11月21日(土)吹奏楽部が、近所の小規模多機能ホーム「笑福」を訪問し、演奏をさせていただきました。

文化祭で披露した曲や、この日のために練習した「上を向いて歩こう」など6曲披露しました。演奏の機会をいただき、ありがとうございました。今後も、皆さんのご要望に応えられるよう、練習に励み、レパートリーも少しずつ増やしていきたいと思います。

 

「税に関する高校生の作文」の表彰について

11月20日(金)平戸税務署より署長様および署員の方が来校され、本校校長室にて「税に関する高校生の作文」の表彰式が行われました。本校生徒からは2名が受賞しました。

受賞した賞は以下の通りです。

・平戸税務署長賞 中野結月さん

・長崎県租税教育推進協議会代表幹事賞 下條未祐さん

 

デートDV防止教室を実施しました

11月19日(木)NPО法人DV防止ながさきの大川内 紀美子先生をお招きして、「対等な関係をつくるために」というテーマで1年生を対象にデートDV防止教室を実施しました。講話では、DVやデートDVとはどのようなものか、DV被害にあったらどうしたらよいか、男女間の対等な関係づくりとはどのようなものか等について学びました。講話中、生徒たちは積極的に演習に取り組み、真剣に話を聞いていました。

3年課題研究学年発表会を開催しました

11月17日(火)5・6校時に、3年課題研究学年発表会を開催しました。各テーマ領域の代表者8名が、体育館ステージでパワーポイントを使って発表を行いました。

3年生は昨年度後半より、8つの領域に分かれて「地域」という視点を持ちながら、調査・研究を進めてきました。学年発表会には領域ごとの発表会を経て選ばれた代表生徒が出場しました。

審査の結果、「メディアとこどもの発達の関わり」というテーマで佐々町の保育園・小学校の御協力を得ながら調査・研究を行った、川下さん・平澤さん・松江さん・中村さんのグループが、12月17日(木)に諫早市で行われる「生徒課題研究研修会」に参加します。また、上位4チームが、2月10日(水)に行われる、総合学科発表会において発表を行います。

発表の様子

質疑応答の様子

校長先生による講評

MR清峰高校前駅に花の苗を植えました

佐々町役場の産業振興課様よりご依頼があり、11月9日(月)・10日(火)にMR清峰高校前駅に設置してあるプランターの苗の植え替え作業を、家庭クラブ委員7名で行いました。

今回植えた花は「パンジー」です。清峰高校前駅を利用される乗客の方々に、気持ちよく利用していただければ幸いです。

三遊亭らっ好さんによる「心に響く人生の達人セミナー」

11月11日(水)佐世保市出身の落語家、三遊亭らっ好さんをお招きし、「大好きな落語と出会って」と題してお話と落語がミックスされた講演会を実施しました。

らっ好さんの落語との出会いから、二ツ目として頑張っている現在までの軌跡について、落語三席の合間にお話をしていただきました。はじめて聞く落語の世界に、多くの生徒が引き込まれていました。

「落語と出会って、みなさんのこれからの人生が少しでも豊かになればうれしいです」という、らっ好さんの言葉がとても印象に残りました。

 

 

 

 

こころの健康講話を実施しました。

11月10日(火)、スクールカウンセラーの荒木寿美子先生をお招きして、全校生徒を対象にこころの健康講話を実施しました。講話では、ストレスとの付き合い方や友達から相談を受けたときの話の聞き方など自分や大切な人を守るための方法について学びました。

生徒からは、「プチハッピーをたくさん見つけてストレスを溜め込まないようにしたい」、「友達や家族が悩んでいるときには声をかけ共感しながら話をしっかり聞きたい」という感想が聞かれ、多くのことを学ぶ機会となりました。