3年生 マナー講座

令和4年7月12日(火) 5・6校時 大講義室にて
3年生を対象に、就職・進学出重視されるマナーの大切さを再認識するため、麻生専門学校グループ 谷口悠子先生を講師にお招きして、マナー講座を開催しました。

面接の印象で違和感を与えることがない良い印象であれば、話を聞くことに集中してもらえます。

身だしなみ、返事、あいさつは一朝一夕では身につけることができません。
普段から意識するようにしてください。

【身だしなみ】
 ◆髪型・・・おしゃれかどうかではなく、常識があるかどうかが判断される。
 ◆制服・・・制服が最もきれいに見える形にするためにルールを守りましょう。

【お辞儀】
 ◆気持ちを態度で表すお辞儀は状況によって使い分けますが、常に相手に敬意を払いましょう。

【立ち居振る舞い】
 ◆入室
 ◆移動・着席
 ◆退室

明るい表情、清潔感のある身だしなみ、ハキハキとしたあいさつ、キビキビとした立ち居振る舞いは、面接官に好印象を与えます。

事前の準備をしっかり行うことが当日の自信につながりますので、自分自身を最大限にアピールできるよう、練習を重ねましょう。

【生徒の感想】
 今回の講座で、面接の質問の意図を知ることができたことが良かったなと思います。面接官の質問には必ず意図があるはずなので、それを汲み取って適切な受け答えができるようにしたいです。
 また、面接中に話す内容以外にも入退室の仕方や挨拶、礼の仕方など様々な部分で人柄を見られているため、一つ一つの動作に緊張感を持って面接に臨みたいと思いました。
 人の印象には最初の見た目が大きく影響するので、日頃から、常識があると思われるように意識していきたいと思いました。たくさんのことを学ぶことができて良かったです。